FLORAL JAPAN

過去記事

記事カテゴリ

年別

 
 

Floral Japan Times

花き市況レポート 発行日:2021年8月13日

御盆商戦真っ只中の週となりました。梅雨前線による各地への被害が心配されます。先週は入荷量は昨対で81~99%でやや少なめで、平均単価は78~97%程で推移し、今週は入荷量100~126%、平均単価は105~117%と推移。土、日、月、火の連休市に向けての入荷・単価ともに上昇しました。続く暑さの影響でリンドウ、アスター、菊類などが前進開花をしており、御盆の需要期に品薄となりました。一方で久留米ケイトウ、法月などは順調な生育で潤沢な入荷。ヒマワリやトルコキキョウのグリーンはオリンピックのビクトリーブーケの影響もあり、引き続き好調な売れ行きです。暑さと豪雨による秋の需要期である9月のお彼岸などへの影響が懸念されます。

8月 第2週9日月曜日の全品目の入荷状況の一覧表は下記のURLのリンクからご覧ください。

全品目の概況一覧

 

 

http://www.floraljapan.co.jp/files/system_master/4ad5f03a00b106788747ae261cdc140c.pdf

page top

株式会社フローラルジャパン
〒143-0001 東京都大田区東海2丁目2番1号(大田市場内) TEL 03-5492-4008 FAX 03-5492-4007 24時間受付 インターネットからはお問い合わせフォーム