FLORAL JAPAN

過去記事

記事カテゴリ

年別

 
 

Floral Japan Times

生産者レポート発行日:2014年7月28日
生産者名:新潟県 JA北魚沼
代表者名:鈴木 健市
主要品目:ユリ・ナルコユリ・シャクヤク・リヤトリス・花ハス
生産規模:140名 8,300a
「夢を繋いで100年産地へ」

 

6月9日(月)に市場関係者とお客様と新潟県北魚沼のシャクヤクの圃場を見学してまいりました。見学させていただいた生産者の方は鈴木健市さんで、「ブルームタイプ」という切前をわざと緩めしたシャクヤクを主に出荷されています。シャクヤクは咲かない、咲いたら奇形だったなどといったクレームが問題になる場合が以前から多く、こういったクレームを解消するために数年前から「ブルームタイプ」で出荷を始めたそうです。弊社のお客様も特に婚礼関係のお客様などから、確実に美しく咲くということで定評をいただき、「ブルームタイプでお願いします。」というリピーターのお客様が増えています。

 


ブライダルでも人気の品種「白雪姫」。魚沼の方の育種品種。

大輪の品種「人魚姫」は鈴木さんの命名で、北魚沼のオリジナル品種。

今回見学させていただいた圃場の作付け品種は「白雪姫」「かぐや姫」「人魚姫」など北魚沼を代表とする大輪の人気品種でした。シャクヤクは株を成長させるために3年ほどかかり、4年目から出荷が出来るようになるため、トレンドを追いにくい。品種が増やしにくい。また品種によって生産性が低くあまり出荷量が増えないことが悩みの種とのことでした。今期のシャクヤクの出荷は終わっておりますが、圃場を見学させていただいて来期の出荷が以前に増して楽しみになりました。


今回は特別に産地見学のために咲いた状態のシャクヤクを残し見せていただけました。


数日後に出荷予定だった「白雪姫」の圃場。
担当:松崎 高章

page top

株式会社フローラルジャパン
〒143-0001 東京都大田区東海2丁目2番1号(大田市場内) TEL 03-5492-4008 FAX 03-5492-4007 24時間受付 インターネットからはお問い合わせフォーム